ステーショナリー

記事一覧

高い志を持って通っている

男子生徒

大阪は大都市なので大勢の人が住んでいることもあって、医学部を受験する高校生も沢山います。そのため医師になることを目指して頑張っている受験生の多くが医学部予備校に通っていて、医学部に合格するために一生懸命勉強しています。

詳細を読む

医師になるためには

女子

難関な受験を突破する

医師になるためには、医学部を卒業して医師国家試験に合格する必要があります。医学部は6年制で卒業後には2年間の研修があるため、大学入学から最短でも8年かかります。また医学部受験は非常に難関なことで知られており、最もパスしやすいとされる大学でも、一般的にはかなりの難関となっています。そして私立大学医学部は学費が高額なため、国立を志望する人が多く、そのため国立大学医学部の難易度は、私立とは比較にならないほど難関だともいわれます。そのような難関を突破するためには、医学部予備校に通うのが近道の場合があります。学校のカリキュラムが志望校のレベルに追い付かない場合や、基礎力が不足している場合などです。医学部予備校は一年で志望校を突破できる学力を養成する機関です。医学部予備校は学費が非常に高額な傾向にありますが、奨学金制度を利用することも可能です。奨学金制度を利用すれば、予備校の学費を医師になった後で返済することも可能なのです。

合格体験記を参考にする

それでは予備校はどのように選ぶのが良いでしょうか。予備校選びには、志望校合格者の評判を参考にするのが良いです。現状の学力や環境などを参考にして、同じような立場にあった人の声は特に参考になります。そして最もおススメなのは、予備校ではなく、出版社が出している書籍の「合格体験記」を参考にすることです。予備校が出している広告のような合格体験記では、客観性に欠ける場合があるためです。その他には直接聞くという方法もあります。知人や先輩などが近くにいて交流が可能であれば、より詳しい情報を得ることが出来るでしょう。インターネットのホームページや口コミを参考にするのも良いでしょう。インターネットは多くの人が見ることが出来ますし、データ数も豊富にあります。掲示板などではリアルな評判が見れるという利点もあるでしょう。ただし情報が精査されていないため、誤った評判や偏った評判に触れやすいという点は注意が必要です。

医療や心理学を学べる

男女

人間環境大学は平成12年に開学した新しい大学で、愛知県と愛媛県に合計3つのキャンパスを持っています。心理学や医療の教育には定評があり、環境科学という新しい学びも注目されています。キャンパスごとに設置学部が異なるため、オープンキャンパスへの参加時は、間違うことがないよう注意しましょう。

詳細を読む

成績アップに繋がる

メンズ

大学受験において英語は特に重要な科目なので、思うように点数が取れないと合格するのはとても難しいです。ですからこのままでは志望校に合格できないと思ったら、予備校に通って英語を得意科目にする位一生懸命勉強をする必要があります。

詳細を読む